【三碧木星2021年】運勢・吉方位・開運法を分かりやすく解説


こんにちは、開運鑑定師のシャンティーです。

いつもお読み頂きありがとうございます。

今回は2021年の三碧木星の吉方位と1年間の運勢の推移を解説します。

2020年は9年のサイクルで「忍耐」を表し、苦労を多く経験した方がたくさんいたと思います。

やる気はあっても空回りして上手くいかなかったり、順調だったことが行き詰まったりと、悩みやトラブルを抱えて大変な思いをされたかもしれませんね。

このように困難なことを経験した2020年でしたが、2021年はどうでしょうか?

そこで、2021年の吉方位、運勢(恋愛運、結婚運、仕事運、金運、健康運)、開運するための方法を、現役の占い師である私がお伝えしたいと思います。

1年の始まりにどういう年になるか予測しておけば、良いことは更に良くできますし、悪いことは防げるはずです。

それでは、2021年の三碧木星について詳しく解説していきたいと思います。

まずは、吉方位から見ていきましょう。

スポンサーリンク


2021年の三碧木星の吉方位は?

2021年の三碧木星は南西に廻座します。

上の図では、黄色の円が吉方位、赤色の✕が凶方位、他の記号がないものが普通方位を表しています。

それぞれの方位を、吉方位、普通方位、凶方位でまとめました。

吉方位
普通方位
西
凶方位 北東(本命的殺)
北西(暗剣殺)
東南(五黄殺)
南西(本命殺・歳破)

三碧木星が2021年に年盤(1年間の方位)で吉方位になるのは東です。

吉方位に外出すると、それぞれの九星の良い象意(方位が持つ特性)の出来事が起こるでしょう。

吉方位への移動の効果につきましては、こちらの記事を参考にしてみてください。

普通方位は北・西になります。

普通方位は、特に吉凶が関係しない方位ですので、旅行や引越しをしても問題ありません。

凶方位は北東・北西・東南・南西・南です。

凶方位の方角に出かける時は、凶作用に注意してください。

特に長距離(100km以上離れた場所)・3泊以上の長期間の旅行を凶方位の方角で行う時は、十分に気をつけましょう。

できる限り凶方位へのお出かけは控えることが、開運のポイントでもあります。

もし、どうしても凶方位へ行かなければならない場合は、下記の記事を参考にしてください。

続いて、月ごとの吉方位を見ていきましょう。

大吉、吉、普通、凶に分けた下記の表をご覧ください。

月/方位 北東 東南 南西 西 北西
1月 普通
2月 普通 普通
3月 普通 普通 普通
4月 普通 普通 普通 普通
5月 普通 大吉 普通
6月 普通 普通
7月 普通 普通 普通
8月 普通 普通 大吉
9月 普通 普通
10月 普通 普通
11月 普通 普通 普通
12月 普通 普通 普通

旅行、引越し、新しいことを始める時などは、月ごとに方位が変わる月盤と、1年間同じ方位となる年盤を照らし合わせて、年盤と月盤のどちらも凶方位が入らない時期に行うことが大切です。

吉方位の方角と時期に行えば、その方角の吉作用を受け取ることができます。

もし、年盤が吉方位、月盤が凶方位の方角で行えば、その方角の吉凶両方の影響を受けるでしょう。

予定が決まっていて、日にちをずらすことができない場合は仕方がありません。

しかし、もし移動できるのであれば、凶方位の方角を回避して、吉方位の方角と時期で行うことをおすすめします。

スポンサーリンク


2021年の三碧木星の全体的な運勢は?

恋愛運・結婚運 4.5
仕事運 4.0
金運 4.0
健康運 4.0
総合運 4.0

2021年の三碧木星の運勢を上のような表にしました。

星(★)の数は5つが満点です。

恋愛運・結婚運、仕事運、金運、健康運、総合運に分け、星の配置を見ながら運勢を5段階で評価しました。

2021年の三碧木星の運勢は、9年のサイクルの中で『好転』を表す年になります。四季でいうと、厳しい冬を乗り越えて、ようやく春の訪れを感じる状況です。

昨年のスランプから抜け出し、運気は徐々に回復していきます。

今年の初め頃は昨年の不調を引きずりますので、引き続き慎重な行動を心がけてください。2月を過ぎたあたりから、上向いていくでしょう。

途中、運気がややダウンする時期はありますが、再びは年末に向けて上昇していきます。

明るい兆しが見えてくることで、好奇心も旺盛になり、チャレンジ精神が湧いてきます。

気持ちも前向きになることで、行動も積極的になり、少しずつ良い成果も現れ始めます。

三碧木星の方は、もともと時代の先を読む能力が長けているタイプ。その能力を発揮して、困難な状況も上手くすり抜けて周りをリードしていく存在として活躍するでしょう。

過去にチャレンジして失敗したことも、もう一度リベンジしてみると収穫があるでしょう。

ただ、一気にギアを上げ過ぎると、ガス欠してバテテしまうので気をつけて!

余裕を持ったスケジュールを組み、確実にクリアしていくように実行することをおすすめします。

それと、人との交流も大切にしてください。

三碧木星の方は、人の好き嫌いが多く、考え方や感性が異なるような苦手なタイプは敬遠しがちです。

しかし、今年はそういった苦手意識のあるタイプが、あなたの救世主となってくれる年。

特に、住居の購入などの不動産関係で、今年の後半にそういった相手が現れて、あなたを助けてくれます。

こういった幸運な機会を逃さないように、できるだけ苦手な人とも上手に付き合いましょう。

運気の波が上下して「気が抜けない」と感じるかもしれません。

確かに、復調しているとはいえ、本調子ではないので、ある程度は気を張って過ごした方が良いと言えます。

油断をせずに、今年一年じっくりと準備をして、これから訪れる発展期に備えましょう。

スポンサーリンク


好調なのは4月~5月と11月~12月

2021年で好調な月は、4月、5月、11月、12月の4つです。

運勢の流れとしては、3月から運気が回復し、5月に今年1度目のピークを迎えます。

6月から運気のアップダウンがあり、再び11月から上昇してきます。そして、年末の12月に2度目のピークを迎えます。

つまり、2021年は5月、12月が運勢の強い月と言えます。

ですから、何か大切なイベントを予定している場合は、5月か12月に行ってください。

早めに計画を立てて、焦らずじっくり実行することが大切になります。

5月に計画が間に合わなかった場合は、12月に照準を合わせ直すのもひとつです。

続いて、2021年で不調な月を見てみましょう。

スポンサーリンク


不調なのは1月・7月~9月

2021年で不調な月は1月、7月、8月、9月です。

1月は昨年の不調を引きづるため、あまり良い状態ではありません。

その後は運気が上昇していきますが、7月頃から再びスランプに陥り、9月まで続きます。

特に、8月から9月は思うようにいかずにイライラしてしまい、周りに八つ当たりしてしまう可能性があるので気をつけて!

ですから、この時期はじっと耐えながら、やるべきことを地道に行って、年末の発展期への準備期間と考えると良いでしょう。

ここで、2021年の開運法をお伝えしましょう。

スポンサーリンク


2021年の三碧木星の開運法

2021年の開運法はこちらです。

1.目の前の出来事に一喜一憂しない
2.不調時こそ他人に助言を求める
3.目標を決めたら最後までやり抜く

1つ目のポイントは、目の前の出来事に一喜一憂しないです。

今年は1年を通して運勢に波があります。

年の初め1月は運気がダウンして、その後初夏まで運気が回復し、再び秋頃まで状態が上がりません。

そして、年末に向けてまた上昇を続けるという、まさに乱高下とも言える年です。

そのため、好不調が激しく、調子が上がって安心できると思ったら、今度はスランプに陥って落ち込んだりと、精神もなかなか安定しません。

運気の流れというのはナマモノであり、こちらでコントロールすることが難しいもの。

ですから、調子が良い時は浮かれ過ぎず、反対に不調な時も良い意味で開き直るくらいどっしりと構え、一喜一憂しないようにしましょう。

そうすれば、運勢の波に左右されず冷静でいることができ、結果として、軸がブレずに目標に向けて努力できるようになります。

2つ目は「不調時こそ他人に助言を求める」です。

三碧木星は自信家が多いと言われています。

自分の考え方、やり方に自信を持っていて、周りの意見は二の次とし、「自分がどうしたいか」を優先します。

好調な時は、それでも良いかもしれません。勘も優れて、ハマったら一気に大きな成果を出せるだけの実力と行動力は兼ね備えています。

しかし、不調な時は周りの意見を取り入れた方が、今年はスランプから抜け出すのも早くなるでしょう。

プライドの高さから、人に頭を下げるのは苦手かもしれません。

ですが、柔軟に考えて、その道のプロや熟練者にアドバイスを求める方が、自分にない考え方や方法を学べてステップアップできます。

頭を下げるという少しの勇気が、その後の結果に大きな差を生みますので、このことは心に留めておいてください。

3つ目は、「目標を決めたら最後までやり抜く」です。

三碧木星の方の特徴のひとつに、熱しやすく冷めやすい性格というものがあります。

好奇心旺盛で、「これだ」というものが見つかると、すぐにチャレンジする積極的なタイプです。

その一方で、ある程度のところで満足すると、結果が中途半端でも、次のターゲットを探しに行ってしまいます。

そのため、周りからは「飽きっぽい」、「忍耐力がない」などと言われることも。

今年は、好不調の波が激しく、特に不調の時に目標として決めたことに対して、最後までやらずに諦めてしまう傾向があります。

困難な時も地道にコツコツ努力するからこそ、運を引き寄せて発展期に力を発揮できるということを忘れてはいけません。

ですから、一度決めた目標は最後まで粘り強く続けてください。

以上が2021年の三碧木星の全体的な運勢と開運法でした。

ちなみに、三碧木星は、若年期が最も運気が良く、スタートダッシュに成功するタイプと言われています。

三碧木星の一生の運勢、また基本運勢について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。

続いて、三碧木星の2021年の恋愛運と結婚運を見ていきましょう。

スポンサーリンク


2021年の恋愛運・結婚運は好調でチャンス多し

2021年の三碧木星の恋愛運と結婚運は好調です。

恋人のいないフリーの方も、恋人と交際中の方にも、嬉しい出来事が多く訪れるでしょう。

特に、恋愛から結婚へとスムーズにつながる年のため、結婚願望が強い方は、今年は積極的に行動してください。

現在フリーの方は、将来のパートナー候補との出会いに期待がもてます。

出会いのチャンスは、たまたま出かけたイベントであったり、行きつけのカフェであったり、友人や知人の紹介であったりと、様々な形で訪れます。

もともと恋愛に対して情熱的なタイプではありますが、自分でも驚くほど自然に相手に対してアプローチができるでしょう。

恋の駆け引きは苦手なので、相手に尽くしたり、ストレートな表現で相手に気持ちを訴えかけます。

それを見て、相手があなたのことを健気に感じたり、男らしく思えたりと、好印象を与えるのが今年の特徴なのです。

ですから、自分らしく、いつも通りの感じで恋愛を楽しむことが、結果として恋愛成就へとつながります。

ただし、全く脈がない相手にしつこく交際を迫ったり、相手のことを考えずに自分勝手な行動をしてしまうと、当然ながら恋は上手くいきません。

好きになっても、相手の反応を良く見ながら行動することを忘れないでください。

特に、三碧木星の女性は、容姿、収入、肩書など相手に求める条件が厳しいと言われます。

しかし、今年は相手の外見やステータスよりも、中身を重視して冷静にみることができます。

恋愛に対して熱しやすく冷めやすいタイプが多いですが、相手の中身をよく知ってから交際が始まれば、比較的長く続き、結婚も視野に入ってくるでしょう。

現在交際中の方は、恋人と順調に愛を育むことができます。

結婚願望のある方は、具体的な進展がみられそうです。

あなたの方から動いても良いですし、恋人から突然切り出されるかもしれません。ある程度心の準備はしておいた方が良いでしょう。

交際を家族や友人に反対されていたカップルも、もう一度真剣に二人の気持ちを伝えることで、事態が好転して応援される立場になる可能性が高いです。

諦めずに、前向きに考えてトライしてみてください。

注意点としては、入籍の時期を焦って決めようとするところです。

結婚は自分だけでなく、自分の家族、相手や相手の家族、そして親戚など様々なことが関係してきます。

ですから、自分の意見を押し通そうとせず、周りの話をよく聞いて総合的に時期を決めるようにすることが大切です。

今年結婚が決まると、長く幸せな生活が送れますので、ぜひ良い方向にむかうことを祈っています。

スポンサーリンク


2021年の仕事運は上向きで良い結果を残せる

2021年の三碧木星の仕事運は上向きです。

昨年は自分の頑張りに対して、成果がイマイチで気力も落ちていたかもしれません。

しかし、今年は運気が徐々に上がっていくことで、やる気が戻ってきます。

仕事に向かう姿勢も良くなり、周りからの評価も高くなるでしょう。

そのおかげで、新しいポストを任されたり、プロジェクトのリーダーに抜擢されるなど、活躍の機会が多くなります。

三碧木星の方は、もともと仕事に対して好奇心が旺盛で、向上心もあり、積極性が武器なタイプ。

時代の流れを先読みしながら、周りを引っ張っていく力があるので、今年は誰もチャレンジしたことのない分野で、成功を収めるチャンスです。

ただ、まだまだ運気は不安定なところがあるので、結果を求め過ぎないことが大切です。

崇高な目標を掲げるよりも、小さな目標をいくつか立てて、ひとつずつクリアしていく方が今年は合っています。

自分の手柄をあげようと必死になるあまり、周りのことを考えずに自分勝手なやり方をしてしまう点は気をつけなければなりません。

スタンドプレーが目立つと、足を引っ張る輩が現れるのでご注意を!

また、今年は異業種の人と組むことで、自分の隠れた才能が開花する予感です。自分にない発想に刺激を受けて、一回り成長できるでしょう。

問題を解決するアドバイスももらえますので、自分からも耳を傾ける姿勢を忘れないでください。

転職、転業、独立を考えている方は、もう少し運気が安定してくるまで待ちましょう。焦って動いても、思うような結果は得られません。

今年はじっくりと足固めをして、来年以降の発展期に本領発揮できるように準備期間に充ててください。

スポンサーリンク


2021年の金運は上昇するが気は抜けない

2021年の三碧木星の金運は上昇傾向となります。

運気アップに伴って、収入も増加する方が多いでしょう。

仕事面の好調さに加えて、まとまったお金が入ってくる臨時収入を手にするラッキーな方も現れそう。

例えば、親から金銭的援助があったり、多めに支払っていたお金が還付されたり、定期預金が満期を迎える、長期保有していた株が高騰するなど。

しかし、まだ運気は回復途中のため、支出は抑えなければなりません。

三碧木星の方は、恵まれた金運を持つ方が多いので、お金は自然と入ってくるものと考えて、良く考えずについつい使ってしまう傾向にあります。

特に、ラッキーな臨時収入ほど手をつけたくなるので、我慢してください。

また、マイホームやマイカーを買おうと考えている方は、交渉が上手くいって、購入を予定していた金額よりも大幅に安く購入できる暗示もあります。

幸運なことに、その分野に詳しい人が身近に現れて、その助言をもとに行動すると良い結果が生まれるからです。

ただし、本来は今年はマイホームなどの大きな買い物は控えた方が良い年です。

ですから、余程条件が揃わない限りは、飛びつかないように気をつけてください。

少しでも気になることがある場合は、勇気をもって見送ることも大切です。

好奇心が高まり、チャレンジ精神が活発になる今年は、スキルアップや経験値を増やすために、セミナーや研修に参加したい欲求も高まります。

こういった自己投資は、来年以降にプラスに作用しますので、予算の範囲内でしたら、積極的にお金を使ってOKです。

使うべきところと、抑えるべきところときちんと意識して、お金と上手に付き合ってください。

スポンサーリンク


2021年は健康が成功を左右する

2021年の三碧木星の健康運は基本的に安定しています。

生まれつき丈夫なカラダに恵まれて、健康には自信があるタイプが多いです。

運気の上昇とともにフットワークも軽くなり、元気に忙しく動き回れる年になるでしょう。

無理をしなければ、体調を大きく崩したり、病気の心配はなさそうです。

ただ、アクティブなことが裏目に出て、思わぬケガをする可能性があるのを気をつけてください。

例えば、付き合いでフットサルに誘われ、学生時代と同じ感覚で動こうとして、足をもたつかせて転倒して捻挫したり。。

あるいは、良くストレッチをせずに川や海に入って、足がつって溺れそうになったり。

いずれも、自分の体力を過信したり、油断することが原因です。

勢いで乗り切れると思わず、無茶なことはしないように注意しましょう。

それと、忙しい生活のために、生活習慣が乱れる可能性があります。

夜更かしによる睡眠不足、ストレスによる不眠、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足による肥満、痛風、糖尿病などが起きやすいです。

早めに対策を立てれば杞憂で済みますが、放置すると徐々に悪化して生活リズムも狂っていきます。

慢心から持病が悪化することもあるでしょう。

今年は運気が回復しはじめ、ようやく明るい兆しが見えてくる年です。

スランプを抜け出せる大事な時期に、健康面で足を引っ張られないように、十分気をつけてください。

スポンサーリンク


まとめ

2021年の三碧木星の吉方位、運勢、開運法を紹介してきました。

今年は昨年までの不調から一転して、運気が回復してきます。

失いかけていた自信を取り戻し、やる気も徐々に湧いてくるでしょう。

行動にも積極性が出てきて、前向きにチャレンジできるはずです。

運勢は浮き沈みがあり、前半と後半の2回ピークが訪れるという慌ただしい年です。

好調な時に勝負をかけて、不調な時は何とか耐えるというメリハリが必要になるでしょう。

流れに身を任せつつ、一喜一憂することなく、冷静に計画を実行できれば、来る発展期に本領を発揮できます。

本調子ではありませんが、運気は確実に良くなっていくので、ぜひ前向きに考えて少ないチャンスをものにしていってください。

あなたにとって、ぜひ今年も良い年になりますよう、心よりお祈りしています。


最新情報をチェックしよう!