九星気学

月命殺とは?影響や過ごし方を徹底解説!18歳以下が要注意

更新日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

こんにちは!開運鑑定士のシャンティーです。

いつも読んでくださってありがとうございます^^

 

さて、今回は九星気学の月命殺(げつめいさつ)についてのお話です。

月命殺とは、どのような意味か知っていますか?

 

月命殺は本命星ではないため、吉凶を判断する上で、「月命殺は影響ない」と考える占い師がいます。

しかし、本当に月命殺は運勢の吉凶に関わってこないのでしょうか?

 

厳密にいうと、月命殺は運勢に影響を与えます

また、月命殺について次のような質問をいただくことが多いです。

 

「月命殺の意味は何?」

「月命殺の影響はあるの?」

「月命殺の過ごし方は?」

「月命殺の方角へ旅行や引っ越しは?」

 

ネットで検索しても、正しい情報を提供しているサイトはあまり見かけません。

特に、旅行や引っ越しへの影響では、月命殺を無視して、月命殺の方位へ移動しても問題ないとするサイトもたくさんあります。

 

そこで、今回は月命殺の意味、そして月命殺がもたらす影響、月命殺の回避法、引っ越しや旅行、就職や転職について、正確な内容を詳しく解説していきたいと思います ^^) _旦~~

スポンサーリンク

月命殺とは?

 

月命殺は、自分の月命星が位置している方位のことです。

別名で、精気殺(せいきさつ)とも言われます。

 

月命が九星の盤の中央にある時は、月命殺はありません。

月命殺は、本命殺ほどの凶作用はないものの、九星気学では気をつけるべき凶方位とされています。

 

特に、身体へ悪影響を及ぼします。

ケガ、事故、病気などに注意してください。

 

九星には、それぞれの意味、性質、現象などを表している象意というものがあります。

そして、象意ごとに身体の各部位と密接に関わっている個所が異なります。

 

九星と身体に関する象意については、こちらの一覧表を参考にしてください。

 

九星身体の象意関係する病
一白水星血液・汗・耳・鼻孔・脊髄・関節・腎臓・膀胱・生殖器・肛門・子宮冷え性・水腫・うつ病・性病・痔・子宮病・アル中
二黒土星骨・食道・消化器系・腹部・脾臓・胃虚弱体質・消化器病・骨病・無気力症・腹膜炎
三碧木星手足・毛髪・声帯・咽頭・呼吸器・肝臓・神経喉の疾患・発狂・痙攣・呼吸障害・足の病・神経痛・肝臓病
四緑木星頭髪・食道・気管・筋肉・神経・脇・腸・内蔵腋臭・気管支炎・肉離れ・神経痛・内蔵病
五黄土星脳・腹部・心臓・肝臓・脾臓・肺・腎臓・消化器系・大腸脳梗塞・心臓病・肺病・ガン・ライ病
六白金星首・頭・脳・顔・骨・心臓・血圧・肋骨・肺頭痛・脳梗塞・肺病・骨折・便秘・心臓病・高血圧
七赤金星口・歯・舌・喉・肺・呼吸器・胸部・生殖器・肛門口内炎・喘息・歯病・肺病・呼吸疾患・生殖異常・痔
八白土星鼻・耳・手・指・背中・
腰・骨・関節・脊髄
鼻病・耳病・骨病・関節痛・腰痛・リュウマチ・ガン
九紫火星眼・脳・首・顔・血液・血管・乳房・心臓高熱・眼病・耳病・頭痛・顔病・乳ガン・心臓病・精神病

 

上記の九星のいずれかに月命殺が位置した場合、関係する体の部位の病気に気を付けることが大切です。

 

続いて、月命殺が私たちに及ぼす具体的な影響を説明します。

スポンサーリンク

月命殺の影響は?

 

月命殺は、身体に関する凶作用として私たちに影響を及ぼします。

そして、他人からというよりも、自分自身が原因となってトラブルが起こります

 

月命殺に関する病気でよく言われるのが、原因不明の病におかされるというもの。

場合によっては、命にかかわる重病となることもありますので、注意が必要です。

 

また、一説によると社会的な地位にも悪影響が出るとも言われています。

 

月命殺の影響の出方は、身体的な年齢や生活環境によって変わります

月命殺の影響を受けやすい特徴として、年齢は18歳以下であることと、社会的に自立をしていないことが挙げられるでしょう。

 

月命星の影響が大きいのは、生まれてから18歳まで。

0歳~18歳までは月命殺の凶作用に注意が必要なのですね。

 

しかし、18歳以下でも親から離れ、自立や結婚して家庭を養っている場合は、月命殺の影響をあまり受けません。

 

18歳以降は、月命星よりも本命星の影響が大きくなります。

それが、18歳を超える人は、月命殺を気にしなくて良いと言われている理由。

 

ただし、18歳を超えたからと言って、月命殺の凶作用が弱まるだけで、凶作用がなくなるわけではありません

 

ですから、18歳を超えていても、月命殺の影響を心配する人は、月命殺の方位への旅行や引越しは止めましょう。

続いて、月命殺への対策を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

月命殺の過ごし方は?

 

月命殺の過ごし方として大切なことは、月命殺の方位へは移動しないこと。

 

月命殺は、外部からの影響というよりも、自分が原因で凶作用を受けます。

特に、18歳以下で自立していない人は、月命殺の方位への移動は要注意です!

 

ですから、18歳を超えている、もしくは自分から月命殺の方位へ旅行や引越しをしなければ、問題ありません。

 

もし、18歳未満で月命殺の方位へと旅行や引越しをすることになった場合は、どうすればよいか?

それは、神社などで方位除けを受けることをおすすめします。

 

方位除けを受けることで、大難を小難に変えることができるでしょう。

一緒にお祓いも受けると、さらに効果的です。

スポンサーリンク

月命殺の時の引っ越しや旅行は?

 

あなたの身体に影響を及ぼす月命殺の方位への引っ越しや旅行は、避けた方が無難です。

特に、あなたが18歳未満で自立していない場合は、月命殺の大きな悪影響を受けてしまうでしょう。

 

本命殺ほどの凶作用はありませんが、月命殺の方位へ引っ越しや旅行をする場合は、自分が原因として問題が起こる可能性が高いからです。

例えば、旅行先で自分の不注意が原因となってケガをしたり、事故にあったりするかもしれません。

 

また、引越し先で、あなたの失言が原因でご近所トラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

18歳未満の子供が、月命殺の方向へ引越しをして、学校でイジメに遭って不登校に合ったという話も聞いたことがありました。

 

引越しや旅行に関しては、一般的には子供の九星よりも、大人の九星の方位が影響が大きいので大切です。

しかし、月命殺の方位へ18歳未満の子供が引越しをする場合は、注意してあげてください!

 

万が一、月命殺の方位に引越しや旅行をしなければならない事情がある場合は、方位除けやお祓いを受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

月命殺の意味、影響、過ごし方、引っ越しや旅行などをお伝えしてきました。

 

月命殺は、自分が原因でトラブルが起こる凶作用を及ぼす方位のことでしたね。

特に、ケガや事故など身体に関係する問題が起きやすいというものでした。

 

ただ、月命殺は18歳以降の人はあまり影響を受けにくいという説もありました。

しかし、18歳以降でも全く影響がないわけではありません。

 

ですから、気になる方は月命殺の方位への旅行や引越しなどの移動は控えた方が賢明でしょう。

月命殺について知りたい時は、今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

-九星気学

Copyright© シャンティーの幸運を呼ぶ秘密の奥義 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.