【二黒土星2022年】運勢・吉方位・開運法を分かりやすく解説


こんにちは、鑑定師のシャンティーです。神仙流占いの代表をつとめています。

いつもお読み頂きありがとうございます。

今回は2022年の二黒土星の吉方位、1年間の運勢の流れ、開運法を解説したいと思います。

2021年は9年のサイクルで「忍耐が必要な年」でした。
運気が不安定で、思うようにいかないことも多かったかもしれません。

現状をキープできたら良しという年でした。

そんな2021年でしたが、2022年はどうでしょうか?

2022年の運勢を事前に知っておくことで、チャンスを上手につかんだり、大難を小難に、小難を無難にすることもできます。

現役の占い師である私シャンティーが、2022年の吉方位、運勢(恋愛運、結婚運、仕事運、金運、健康運)、開運するための方法をお伝えしていきましょう。

まずは、吉方位から解説します。

スポンサーリンク


2022年の二黒土星の吉方位


2022年の二黒土星は南西に廻座します。

上の図では、黄色の円が吉方位、赤色の✕が凶方位、他の記号がないものが普通方位を表しています。
それぞれの方位を、吉方位、普通方位、凶方位でまとめました。

吉方位 北西
西
普通方位


東南
凶方位 北東(本命的殺)
南西(本命殺・歳破)

二黒土星が2022年に年盤(1年間の方位)で吉方位になるのは北西、西、南です。

これらの吉方位に旅行したり、引越しをすると、九星の良い象意(方位が持つ特性)の出来事が起こります。
吉方位への移動の効果につきましては、こちらの記事を参考にしてみてください。

2022年の年盤の普通方位は北、東、東南になります。
普通方位は、特に吉凶が関係しない方位ですので、旅行や引越しをしても問題ありません。

2022年の凶方位は北東(本命的殺)、南西(本命殺・歳破)です。

南西は本命殺と歳破が重なる大凶方位。

凶方位の方角に出かける時は、凶作用に注意してください。

特に長距離(100km以上離れた場所)・3泊以上の長期間の旅行を凶方位の方角で行う時は、十分に気をつけましょう。

できる限り凶方位へのお出かけは控えることが、開運のポイントでもあります。

もし、どうしても凶方位へ行かなければならない場合は、下記の記事を参考にしてください。

続いて、月ごとの吉方位を見ていきましょう。

大吉、吉、普通、凶に分けた下記の表をご覧ください。

月/方位 北東東南南西西北西
1月
2月 普通大吉 普通 普通
3月 普通
4月 普通
5月普通 普通 普通
6月 普通 普通
7月 普通 普通 大吉
8月普通 普通 普通 大吉大吉
9月 大吉普通
10月 大吉
11月 大吉 普通 普通
12月 普通普通 大吉普通

旅行、引越し、新しいことを始める時などは、年盤と月盤のどちらも凶方位が入らない時期に行うことが大切です。

吉方位の方角と時期に行動すると、その方角の吉作用を受け取ることができるからです。
もし、年盤が吉方位、月盤が凶方位の方角で行えば、その方角の吉凶両方の影響を受けます。

予定がすでに決まっていて、日にちをずらすことができない場合は仕方がありません。

しかし、もし移動できるのであれば、年盤と月盤の両方が吉方位の時期に行うことをおすすめします。

スポンサーリンク


2022年の二黒土星の全体的な運勢

恋愛運・結婚運 4.5
仕事運 4.0
金運 4.0
健康運 3.5
総合運 4.0

2022年の二黒土星の運勢を上のような表にしました。

星(★)の数は5つが満点です。

恋愛運・結婚運、仕事運、金運、健康運、総合運に分け、星の配置を見ながら運勢を5段階で評価しました。

スポンサーリンク


総合運

2022年の二黒土星の運勢は、9年のサイクルの中で『好転』を表す年になります。

季節に例えると、厳しい冬が終わり春の訪れを感じる時期にあたります。
昨年までの運気の停滞から、少しずつ運気が回復してくるでしょう。

行き詰っていたことも、解決策が見つかって動き出します。
少なかったチャンスも、今年は増えてくるはずです。

ただ、一気に運勢が良くなるわけではありません。

特に前半は昨年の流れがまだ残っているので、慎重に行動してください。
年末にかけて運気が上がっていくので、大事なことは今年の後半に行うと良いでしょう。

今年は、昨年蒔いておいた種が少しずつ芽を出して、成長していく段階です。
それを理解して、プロジェクトなどは焦らずじっくり育てていく姿勢が大切です。

もともと真面目な性格で、コツコツ努力できる人ですから、やるべきことはいつもとあまり変わりありません。

昨年と違うのは、チャレンジした結果が、今年の方が良い方に現れるという点です。
つまり、今年は努力が報われやすい年なのです。

しかし、上手くいったからと言って気を緩めてしまうと、つまらないミスをしてしまう暗示があります。
まだ本調子ではないので、落ち着いて丁寧にひとつずつ進めていくと、成功をより確実なものにできるでしょう。

今年は来年へむけてさらに勢いをつけたい時期です。
持ち前の勤勉さで、成功のためのしっかりと地盤を固めてください。

続いて、2022年の中で特に好調な月をお伝えします。

好調なのは9月~11月

2022年は、後半の9月~11月が好調です。

今年の前半から少しずつ運気が回復し、後半にピークを迎えます。
9月から本格的に運気が上向き、11月が最も運勢が良くなります。

何か大きな決断をするなら、9月~11月の間に行いましょう。

続いて、2022年で不調な月を見てみましょう。

スポンサーリンク


不調なのは5月~7月

2022年で不調なのは5月~7月です。

今年の前半から運気が回復しますが、5月~7月にかけて一度運気がダウンします。

この時期は気持ちが空回りして良い成果が出ません。
ですから、攻めより守りの姿勢で過ごした方が上手くいきます。

重要なことは、これらの月は避けましょう。

ここで、2022年の開運法をお伝えしましょう。

2022年の二黒土星の開運法

  • 今まで築いてきた土台を元に発展させる
  • 良い意味で周りを巻き込んで物事を進める
  • 勝負を焦らない

1つ目は、今まで築いてきた土台を元に発展させることです。

昨年とは流れが変わり、明るい兆しが見える今年。
そのため、チャレンジ精神が活発になります。

ただし、気をつけなければならないのは、今まで築いてきたものを活かすことを忘れてはならないことです。

新しいことにチャレンジしたくなる気持ちも分かりますが、それでは今年は上手くいかないことが多いでしょう。

それよりも、これまでの土台をベースにして、さらに力を注いで強化していく方が良い成果が上がりやすい年です。
ですから、新しい種を蒔くのではなく、蒔いた種で芽が出たものを大きく成長させるように意識してください。

2つ目は、良い意味で周りを巻き込んで物事を進めることです。

二黒土星の人は、もともと勤勉で努力家です。
周りに言われなくても黙々と努力するのは得意。

その反面、何でも自分でやろうとするところがあります。

普段はそれでも良いかもしれません。
しかし、今年は周りに助けを求めた方がスムーズに物事が進みます。

頑張れば自分一人でもできるかもしれませんが、あえて声をかけて作業をお願いするようにしてください。
特に、チームプレーが求められる環境では、この周りを巻き込むという行動は大切になってきます。

そして、周りとの関係を築いておくことで、来年以降にも活きてくるでしょう。

3つ目は、勝負を焦らないです。

今年は運気が回復してくるので、昨年よりも手ごたえを感じるはずです。
そのため、「自分はできる」と自分の力を過信してしまう暗示があります。

そうすると、本来なら準備がまだ必要な期間に、勝負をかけたくなってしまう人もいます
ただ、今年はまだまだ運気が上がり始めたばかりの時期。

そこで焦って勝負に出ても、あまり良い結果には結びつきません。
できれば大きな勝負は来年以降の発展期まで待ちましょう。

じっくり時間をかければ、それだけ成功は確かなものとなるはずです。

次に、2022年の恋愛運と結婚運を見ていきましょう。

スポンサーリンク


2022年の恋愛運と結婚運

二黒土星の2022年の恋愛運と結婚運は良好です。

現在フリーの人は、チャンスこそ多くはありませんが、その中に運命の人が現れる可能性が高いです。
恋にも慎重派で奥手なタイプの二黒土星ですが、今年はそれがかえって誠実な印象を与えて好感を得られるようです。

周りから良い人を紹介してもらえる場合もあるでしょう。
もし、少しでも気が向くなら会って話をしてみてください。

そして、良い相手だなと感じたら、勇気を出してアプローチしましょう。

反対に、煮え切らない態度や、勇気を出すべき時に引っ込んでしまうのは良くありません。

キチンと相手に気持ちを伝えないと、相手が好意を寄せてくれていても、進展がなく恋が終わってしまいます。
悩んで行動できないのなら、身近で信頼できる人にアドバイスを求めてみましょう。

交際中の人も、結婚の意思があるのなら、相手に気持ちを伝えてください。

今年は結婚の話もスムーズに進みますので、チャンスを逃さないようにしましょう。

周りにも結婚を祝福してもらえる時期ですので、相手の家族への挨拶がまだの場合は済ませてください。
もちろん、両家の顔合わせ、入籍、結婚式は吉日を選ぶこともお忘れなく。

スポンサーリンク


2022年の仕事運

二黒土星の2021年の仕事運は上昇します。

不調に思えるような時も努力を欠かさない姿勢に、ようやくスポットライトが当たります。
昨年まで結果が出にくかったかもしれませんが、今年は少しずつ目に見える成果が現れるでしょう。

これまでの地道な仕事ぶりが認められて、評価が上がるはずです。
重要なポジションを用意されたり、大きなプロジェクトを任されるなど、出世の道が開けるでしょう。

ただ、注意が必要なのは自分で何でもやってはいけないということです。

真面目で努力家なので、自分で何でも抱え込んでしまうところがあります。
しかし、周りに仕事を振った方が自分もできることが増えますし、何より仕事がはかどります。

なかなか頼むのに勇気がいるかもしれませんが、より良い成果をあげるためにも、ここはひとつ勇気を出して助けを求めましょう。

独立や転職などは、運気がもっと上がってくる来年以降の方が良いです。

大きな勝負はもう少し時間をかけて準備してから行うことをおすすめします。

スポンサーリンク


2022年の金運

2022年の二黒土星の金運は上向きです。

昨年と比べると、収入アップや臨時収入に期待が持てるでしょう。

堅実な生活を送ることに美学があり、普段からお金を大切にするタイプなので、お金が入っても散財することはまずないはずです。

金銭的に苦しい時に、お金の有難みを感じているので、派手に浪費するなど大きな失敗はしません。
今年は今までのような質素な生活を送れば、黒字化できる年なので、お金も残せます。

ただ、二黒土星には困っている人を放っておけないタイプのお人好しが多いので注意が必要です。

たとえば、知り合いから連帯保証人のお願いをされたり、お金を貸して欲しいと言われたり、あるいは付き合いで商品を購入して欲しいなど、今年はいろいろと話を持ち掛けられる暗示があります。

助けたい気持ちは分かりますが、ここはグッと気持ちを抑えて断るようにしてください。

なぜなら、一度OKしてしまうと、相手の要求がエスカレートしてあなたが困ることになるからです。

甘い儲け話や投資の話も、余程良い話でない限りは断るようにしましょう。

それ以外では、いつもの堅実な金銭感覚で生活すれば困る事はありませんので安心してください。

スポンサーリンク


2022年の健康運

二黒土星の2022年の健康運はやや注意が必要な運勢です。

今年は停滞していた物事が動き出すので、今までの遅れを取り戻そうと、いつも以上に頑張ってしまうところがあります。

もともとそんなに無理がきく方ではないので、疲労が重なって病気になったり、事故を起こす可能性が出てきます。

他人に任せられる仕事は任せて、体力を温存しておくことも大切です。

特に、今年はいつもよりも多めに睡眠時間を確保するようにしてください。

また、美食家であったり、食べることに喜びを感じるタイプの多い二黒土星ですが、ストレスから暴飲暴食をしてしまう暗示があります。

体重計に毎日乗るくらいの気持ちで、何か自分を抑えるための工夫が必要になりそう。

お酒を飲み過ぎて内臓を疲弊させてしまうことがないように、休肝日をもうけましょう。

スポンサーリンク


まとめ

2022年の二黒土星の吉方位、運勢、開運法を紹介してきました。

苦しかった昨年に比べると、今年はようやく明るい兆しが見えてきます。
上手くいかなかったことも、急に好転して動き出すでしょう。

努力を続けてきた人は、飛躍できるチャンスです。
ただ、新しいことをはじめるのではなく、今までやってきたことを伸ばした方が成功しやすいです。

健康面では頑張り過ぎて疲労がたまりがちですが、無理をしなければ充実した日々を過ごせるでしょう。

あなたにとって、ぜひ今年も良い年になりますよう、心よりお祈りしています。


最新情報をチェックしよう!