ピンチの時こそ真価が問われる


 

こんにちは、鑑定師のシャンティーです。

新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、日本国内でも感染者が増えて不安が広がっていますね。

 

インバウンド市場で中国人観光客への依存度の高さ、4月に習近平国家主席の国賓としての来日を控えるなど、日中の友好ムードに水を差したくないという理由で、ウィルスの発生源とされる中国からの「中国人入国者禁止」に踏み切れなかったことが日本国内での感染拡大の要因と言われています。

国民の生命よりも、経済と中国との関係を優先した結果が招いた悲劇であると、有識者をはじめ、国民の多くから政府に対して批判する声が上がっています。

 

確かに、政府が初動を誤ったと感じるところもあります。

しかし、今は政府を批判するよりも、国民が知恵を振り絞り、各々が助け合い、協力し合ってこの困難を乗り越える方が大切でしょう。

 

政府に期待できないなら、私たちが身近なところから出来ることを行うことで、その力がいずれ大きなものとなり、国を救う力になります。

 

日本国民が一丸となって、コロナウイルスに立ち向かい、根絶するという信念を持って取り組んでいくべき時だと思います。

 

ピンチの時こそ真価が問われる。

 

今こそ手を取り合って、日本国民の底力を見せましょう。

強奪、買い占め、不正行為など、人として恥ずべきことをする人間がいないことを願います。

 


最新情報をチェックしよう!