二者択一タロットのやり方を図で分かりやすく解説します!具体例あり


こんにちは、開運鑑定師のシャンティーです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回はタロットの鑑定方法のひとつである、二者択一スプレッドのやり方を写真を使いながら説明したいと思います。

二者択一スプレッドは、2つの選択肢でどちらを選ぶべきか悩んでいる時に用いる方法です。

 

下記のことが分かります。

 

  • あなたの現在の状況や心境
  • 2つの内のどちらかを選んだ時の近未来
  • どちらかを選んだ時の最終的な結果

 

結果によっては、どちらを選んでも良い場合や、どちらも選ばない方が良い場合もあります。

 

最初のうちは分かりにくいと思いますので、具体例を交えながら解説していきますね。

それでは、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク


二者択一スプレッドで使用するカードの役割

タロット鑑定の二者択一スプレッドでは、5枚のカードを使用します。

占う対象の2つをAとBとします。

 

5枚のカードのそれぞれの役割はこちらです。

1枚目:現在の状況や心境
2枚目:Aを選んだ時の近未来
3枚目:Aを選んだ時の最終的な結論
4枚目:Bを選んだ時の未来
5枚目:Bを選んだ時の最終的な結論

 

占い師の中には、二者択一スプレッドで6枚使う方もいます。

その場合、6枚目は選択する自分へのアドバイスという意味になります。

 

また、カードを正位置と逆位置に分けないで占う方もいますが、私は正位置と逆位置で分けています。

 

今回は、私も実際の鑑定で用いているカードを5枚使用する方法で解説していきます。

続いて、実際に二者択一スプレッドの具体的な手順を見ていきましょう。

スポンサーリンク


二者択一スプレッドのやり方

二者択一スプレッドの具体的な手順は下記になります。

 

■具体的な手順

  1. カードをシャッフルしてカットする
  2. 1枚ずつ全部で5枚めくる
  3. 各役割と質問内容を照らし合わせて結論を出す

 

ひとつひとつ集中して丁寧に行いましょう。

それでは順番に解説します。

 

1.カードのシャッフルとカット

まず、カードをシャッフルしてカットしていきます。

カードとシャッフルのやり方が分からない人は、下記をご覧ください。

 

【カードのシャッフルとカット】

  1. 心を静めて精神を集中する
  2. カードを広げてシャッフルする
  3. 質問する内容をカードに問いかける
  4. 心が決まったらカードをまとめる
  5. カードの上下を直感で決める
  6. カードを左手で左に向かって3つの束にカットする
  7. 最後に左手で左に向かって一つにまとめる

 

最も大切なのは、心を静めて精神を集中し、カードをシャッフルしながら鑑定する内容をカードに問いかけるという部分です。

これが不十分ですと、正しい結論は得られません。

 

例えば、他のことを考えてしまって心が静まらない、鑑定内容に集中できない場合は、時間を空けて行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

2.順番に5枚のカードをめくる

続いて、順番にカードを5枚めくってVの字に並べていきます。

カードのそれぞれの配置は下記になります。

 

 

カードの絵がある方を1枚ずつめくっていきます。

カードをめくる時に、天地(正位置を逆位置)を間違えないように気をつけてください。

 

3.各役割と質問内容を照らし合わせて結論を出す

カードを全体的に眺めてみます。

 

それぞれのカードの役割と、質問内容を照らし合わせてみましょう。

カードの意味が役割の部分とマッチしているか、じっくり見ていきます。

 

もし、質問内容とあまりにもかけ離れていたら、リーディングが失敗している可能性が高いです。

その場合は、時間を空けて、精神を集中し直してから、もう一度行いましょう。

 

最後に具体的な例をあげて解説しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク


具体例で解説

今回は具体例として、別の会社に転職を考えている場合で解説していきます。

あなたがA社とB社に転職をしようとしています。

 

そこで、二者択一スプレッドで占ってみたら、下記のようなカードが出ました。

 

こちらを1枚ずつ順番に解説して、結論を考えてみましょう。

まずは1枚目の「現在の状況や心境」から。

スポンサーリンク


現在の状況や心境

 

1枚目は「大アルカナの21番 世界」の正位置が出ました。

このカードが正位置で出た場合は、願いが叶うという非常にパワフルで前向きな意味を持っています。

 

世界の正位置には、具体的に次のような意味があります。

成功、願望成就、目的達成、喜び、幸福、完成、完全

 

今回の質問に当てはめると、あなたが下記のように考えていることが分かります。

  • 転職に前向きな気持ちである
  • 希望を持っている
  • 成功すると信じている

転職に対して意欲が湧いているので、具体的に転職活動を始めても良いということになりますね。

それでは、A社を選んだ場合の近い未来はどうでしょうか?

スポンサーリンク


Aを選んだ時の近未来

 

2枚目は「小アルカナのソードの6番」の正位置が出ました。

このカードが正位置で出た場合は、困難な場所から遠ざかるというポジティブな意味を持っています。

 

ソードの6番の正位置には、具体的に次のような意味があります。

困難からの脱却、心配した後の成功、回復、冷静、慎重、周囲のサポート

 

今回の質問に当てはめると、A社に転職した場合の近い未来のメッセージはこちらです。

 

  • 転職がひとまず成功したと感じる
  • 良いサポートを受けられる
  • 落ち着くまで慎重に行動しなければならない

 

あなたは転職が成功したとホッとするでしょう。

今まで苦労していたことが解消されます。

 

また、頼りになる、親切な同僚のサポートのもと、順調に仕事を進めていけるはずです。

ただ、状況が落ち着くまでは冷静で慎重な行動が求められるという暗示もあります。

 

それでは、A社を選んだ場合の最終的な結論を見ていきましょう。

スポンサーリンク


Aを選んだ時の最終的な結論

 

3枚目は「小アルカナのペンタクルの10番 」の正位置が出ました。

このカードが正位置で出た場合は、良い環境に恵まれて反映するというポジティブな意味を持っています。

 

世界の正位置には、具体的に次のような意味があります。

繁栄、富と財産、快適な環境、安定した基盤、円満な人間関係、明るい未来

 

今回の質問に当てはめると、カードが示したA社に転職した場合の最終的な結論はこちらです。

 

  • 良い職場に恵まれる
  • 収入増が期待でき繁栄する
  • 人間関係が良好である

 

A社では、あなたは良い職場環境に恵まれるようです。

今よりも収入がアップして、豊かになります。

 

また、職場での人間関係も円滑になるでしょう。

 

つまり、あなたがA社に転職すると、最終的に明るい未来が待っているというメッセージです。

ですから、A社へ転職することは賢明であるといえるでしょう。

 

それでは、続いて4枚目であるB社を選んだ場合の近い未来はどうでしょうか?

スポンサーリンク


Bを選んだ時の近未来

 

4枚目は「大アルカナの4番 皇帝」の逆位置が出ました。

このカードが逆位置で出た場合は、頑固さや消極さが災いして失敗するというネガティブな意味を持っています。

 

4番の皇帝の逆位置には、具体的に次のような意味があります。

過労、傲慢、ストレス、独裁、無力の指導者、不信感、頑固

 

今回の質問に当てはめると、B社に転職した場合の近い未来のメッセージはこちらです。

  • 過労とストレスでダウン
  • 経営者に能力がなくて苦労する
  • 頑固さが災いして周りの反感を買う

 

あなたがB社を選んだ場合、仕事によるストレスと過労でダウンしてしまうかもしれません。

B社の経営陣、もしくは上司の能力が乏しく、あなたは不信感を抱くとともに苦労するでしょう。

 

また、あなたの頑固さや身勝手さが災いして、周りから非難を浴びて孤立する恐れもあります。

つまり、あなたがB社に転職すると後悔する可能性を示唆しています。

 

それでは、B社を選んだ場合の最終的な結論を見ていきましょう。

スポンサーリンク


Bを選んだ時の最終的な結論

5枚目は「小アルカナのソードの8番 」の正位置が出ました。

このカードが正位置で出た場合は、身動きが取れない状況に陥るというネガティブな意味を持っています

 

ソードの8番の正位置には、具体的に次のような意味があります。

八方塞がり、四面楚歌、束縛、拘束、抑圧、無力、非難、孤立

 

今回の質問に当てはめると、カードが示したB社に転職した場合の最終的な結論はこちらです。

 

  • 会社に拘束されて身動きが取れない
  • 仕事への気力を失う
  • 非難を浴びて孤立する

 

B社では、あなたは拘束されることが多く、伸び伸びと働けません。

そのため、仕事へのやる気を失っていまいます。

 

仕事仲間からも非難を浴びて孤立する暗示もあります。

 

つまり、あなたがB社に転職すると、不幸になる可能性が高いです。

ですから、B社は選択肢から外した方が賢明と言えるでしょう。

スポンサーリンク


まとめ

タロットの二者択一スプレッドのやり方について、具体例を交えながら紹介してきました。

 

慣れるまでは、カードの配置やそれぞれの役割などを何度か確認することになるかもしれません。

しかし、練習を重ねていくとスムーズにできるようになります。

 

タロットは数をこなしていくと、インスピレーションを強く感じるようになり、精度も上がります。

 

ただ、リーディングをしてみて、質問と答えの内容があまりにもチグハグだった場合は、集中力だったり、カードへの問いかけだったりと、何かが足らないはずです。

そういう時は、時間をおいて再度チャレンジされることをおすすめします。

 

どちらを選ぶか迷っている時には、今回の二者択一スプレッドはとても有効ですので、ぜひ取り入れてみてください。


最新情報をチェックしよう!