奇跡講座

【奇跡講座ワークブック】レッスン5 あなたを幸せに導く言葉

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

奇跡講座ワークブック編 レッスン5

 

私は自分で考えているような理由で、動揺しているのではない

引用:中央アート出版社 奇跡講座 ワークブック

 

 

奇跡講座のワークブックにあるレッスン5になります。

それでは、内容を見ていきましょう。

 

レッスンの内容

レッスン4と同じように、自分に苦痛を引き起こしていると思われる人、状況、出来事に今回のレッスンを使用できます。

 

自分を動揺させる原因だと信じているものに対して、自分の気持ちを正確に表すと思える言葉を使って、具体的にこのレッスンを適用します。

動揺させるものには、恐れ、心配、憂鬱感、不安、怒り、憎しみ、嫉妬、その他さまざまな形であるように見え、そのすべてが異なったものとして知覚されるでしょう。

 

しかし、これらの動揺は真実ではありません。

形が問題ではないと私たちが学ぶまでは、それぞれの形が今日のレッスンにふさわしい対象となります。

 

それぞれの動揺に対して、今回のレッスンを個別に適用することが、それらすべてが同じものだと最後に認識できるようになるための、第一歩です。

 

今日のレッスンを、さまざまな形の動揺の原因として具体的に近くされたものを使用する時は、私たちが見ている動揺の形の名前と、その原因だと思える事柄の名前を用います。

例えば、次のように言います。

 

私は自分で考えているような理由で、○○に腹を立てているのではない。

私は自分で考えているような理由で、○○を恐れているのではない。

 

ただ、これらのやり方を、通常の練習時間の代わりとしてはいけません。

練習時間には、まず始めに動揺の「源」だと私たちが信じるものと、その結果生じると思える動揺の形を、心の中に探していきます。

 

今回のレッスンでは、特定の対象だけを重視しないで無差別に扱うことが、これまでよりもずっと難しく思えるかもしれません。

練習を始める前に、次のように言うと役に立つでしょう。

 

小さな動揺というものはない。動揺はみな、等しく私の心の平安をみ乱すものである。

 

その後、心の中を調べ、悩みの大小にかかわらず、私たちを悩ませているものを何でも探し出します。

動揺の源だと知覚されるものの中には、今日のレッスンを当てはめたくないと思われるものもあるかもしれません。

 

そういう場合は、次のように考えましょう。

 

この形の動揺を保ったまま、ほかの動揺を手放すことはできない。だから、このレッスンのために全ての動揺を同じものとみなそう。

 

その後1分ほどして、心の中を探索し、自分にとってどれほど重要であるかは考慮せずに、自分の心を乱す様々な形を見つけ出しましょう。

その動揺の源であると知覚されるものの名前と、私たちが体験しているままのその感情の名前の両方を使って、それらを各々今日のレッスンに当てはめます。

 

例えば、以下のような形です。

 

私は自分で考えているような理由で、○○について心配しているのではない。

私は自分で考えているような理由で、○○について落ち込んでいるのではない。

 

今回のレッスンは、1日に3~4回行いましょう。

レッスンを行った感想

レッスン4はこれまでのレッスンと違っていたので、とても苦戦しました。

しかし、今回のレッスン5は、レッスン4と同じような内容だったので、レッスン4の時よりもスムーズにできました。

 

まず、心の中で自分を動揺させる人物、状況、出来事を探し出しました。

例えば、苦手な人のこと、生活のこと、家族のこと、お金のこと、健康のこと、将来のこと、などなど動揺させることって、意外と多いのですね。

 

そして、今回のレッスンに書かれているように、特定の対象だけを重視してしまいたくなる誘惑が多くやってきました。

私の場合は、苦手な人、お金のこと、将来への不安などです。

 

ただ、すべての動揺の源は同じものから来ていると自分に言い聞かせ、次の言葉を繰り返しました。

 

小さな動揺というものはない。動揺はみな、等しく私の心の平安をみ乱すものである。

 

そして、もう一度自分の心の中で動揺させられる原因となるものを探し、今回のレッスンを次のように心の中で唱えました。

 

私は自分の考えているような理由で、○○さん(苦手な人)について悩んでいるのではない。

私は自分の考えているような理由で、お金について心配しているのではない。

私は自分の考えているような理由で、将来について恐れているのではない。

 

1日に朝から寝る前までの間に4回このレッスンを行いました。

 

次回、奇跡講座ワークブックのレッスン6でお会いしましょうね!(^^)!

スポンサーリンク

-奇跡講座

Copyright© シャンティーの幸運を呼ぶ秘密の奥義 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.