ビール 夢占い

ビールを飲む夢は凶って本当?意味や理由を徹底解説!体験談あり

投稿日:

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

こんにちは!開運鑑定士のシャンティーです。

今回の夢占いは、『ビールを飲む夢』のお話。

 

ビールを飲む夢で検索すると、日本では運気上昇で幸運の夢と書かれているサイトがあると思います。

確かに、お酒を飲む夢の中には、ワインや冷酒など吉夢もあります。

 

しかし、ビールを飲む夢は別です!

実際に、海外の夢占いではビールを飲む夢は凶とされているのです。

 

なぜなら、私もビールを飲んだ夢を見た後に、毎回不運に見舞われています。

また、私の鑑定を受けた方のお話でも、ビールを飲んだ夢を見た後は不幸な出来事が起きているのですね( ゚Д゚)

 

「ビールを飲む夢」は吉夢だと勘違いして、後日起こる不幸にショックを受けないようにしなければなりません。

そして、回避方法を用いて不幸を最小限度に食い止めることが大切です。

 

そこで、今回はビールを飲む夢の意味、理由、回避方法、そして体験談を詳しく解説します!

スポンサーリンク

ビールを飲む夢の意味は?

ビールを飲む夢は、何かしらのトラブルや問題が起きて計画が失敗したり、挫折する凶夢です。

例えば、このようなことが起こる可能性が高いでしょう。

 

・告白でフラれる

・恋人と別れる

・試験に失敗する

・商談が決裂する

・仕事をクビになる

・候補から外れる

・転職が上手くいかない

・旅行をキャンセルする

 

ビールを飲む夢を見ると、これまでスムーズに進行していた物事も、突然ダメになります。

 

好きな人にアプローチして、もう少しで付き合えるところまで行ったのに、この夢を見た後で告白が失敗に終わる可能性が高いでしょう。

仕事で順調に評価を上げていたのに、ビールを飲む夢を見て、信じられないミスをして評価が急降下した人もいます。

 

ビールを飲む夢を見るのは、近い将来あなたに不運が訪れることを意味しています。

この夢を見る理由は、あなたの潜在意識が警告してくれているのですね!

 

つまり、のちに起こる不運を予知夢としてみる場合が多くなります。

ビールを飲む夢を見たら、数日間はくれぐれも自分の行動に気を付けてくださいね。

 

深層心理としてこの夢を見る場合

ただ、稀に自分がビールを飲みたいという強い想念でこの夢を見る場合もあります。

 

それは、お酒が好きなのに禁酒しているような時に、このビールを飲む夢を見るのですね。

ある種の禁断症状なので、アルコール依存症などの可能性もあります。

 

この場合は、引き続き断酒をして、禁断症状が出ないところまで我慢しなければなりません。

辛いでしょうが、健康のためにも頑張ってもらいたいところです。

 

回避方法は?

ビールを飲む夢を見た後の回避方法は、数日間はとにかく慎重に過ごすこと

 

予知夢として見た場合は、数日以内にトラブルや問題が起きて不運に見舞われる可能性が高いです。

ですから、いつも以上に丁寧に気を付けながら物事を進めなければなりません。

 

できれば、ビールを飲む夢を見た1週間くらいは、あまり積極的な行動をしないことをおすすめします。

 

つまり、好きな人に告白する、恋人にプロポーズする、大きな商談は結論を先送りする、車を買うのを延期する、新しいことは始めないなどです。

とにかく、大人しく過ごすことと、大きな決断をしないことで、不運を最低限に届けることができるでしょう。

 

体験談

ビールを飲む夢の体験談は、私が実際に経験したことをお話ししたいと思います。

 

半年前の朝方、私はこんな夢を見ました。

中学校の時の友達と海外に旅行に行き、賑やかな街中を一緒に歩いていました。

 

すると、小さな屋台を発見して、友達がビールを飲もうというのです。

私は一度ためらいましたが、友達が一緒に頼んだビールを飲んでしまったのです。

 

その後、お酒の後にみんなでなぜか焼いたチキンを頬張って「美味しいね」と話している時に目が覚めました。

 

すると、その3日後のこと。

半年前から大切に取り組んできた仕事のプロジェクトで、なんと予想外の大きなトラブルが発生しました。

 

プロジェクトで使用するツールを外注先に委託していたのですが、予定の納期に間に合わないと連絡があったのです。

すでにプロジェクトのプレゼン本番の日にちも決まり、後はツールだけだねと話していた矢先で起きたトラブル。

 

予定は変更できないため、なんとかできないか委託先に何度も連絡を入れていました。

すると、さらに5日後、突然ツールが納期に間に合うとの吉報が!

 

そして、実際にプロジェクトのプレゼンは大成功し、他の会社からもたくさんの受注がありました。

 

この夢の意味を解説すると、ビールを飲む夢で近々トラブルが起こることを教えてくれました。

そして、実際にトランブルが発生します。

 

ところが、焼いたチキンを食べる夢の意味は、仕事が大いに繁栄することを暗示していました。

ですので、トラブルに見舞われたものの、間一髪で助かり、反対に仕事で大きな成功を手にできたということです。

 

このように、夢の中ではいくつか出来事が重なることもしばしばです。

今回の夢は、ビールを飲む夢が凶で、その後で見た焼いたチキンを食べる夢が吉でした。

 

夢の中で連続的に起こった出来事を覚えておくと、近い将来にあなたに何が起こるかわかるので、ぜひ夢を見た時はメモをしておいてくださいね!

まとめ

ビールを飲む夢の意味、理由、回避方法、体験談について紹介してきました。

 

巷の一部の占い師は、ビールを飲む夢を吉夢と考えている人もいます。

しかし、海外ではビールを飲む夢は凶と説明されることがほとんど。

 

実際に、私もビールを飲む夢を見た後は、トラブルや問題が毎回起きています。

ですから、この夢を見た後の数日間は、いつも以上に慎重に過ごして、大きな決断はしないことで、不運を回避できるでしょう。

 

また、まれに禁酒した時の禁断症状として、ビールを飲む夢を見ることもあります。

この場合は、禁断症状がでないところまで、勇気をもって断酒することをおすすめしますよ!

 

予知夢として見たか、禁断症状として見たかは、数日以内に結果として表れるので、自分はどちらか様子を見てください。

スポンサーリンク

-ビール, 夢占い

Copyright© シャンティーの幸運を呼ぶ秘密の奥義 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.